中小企業の労務負担軽減|柔軟な対応で利便性も高い|秘書代行で社員不足を回避

柔軟な対応で利便性も高い|秘書代行で社員不足を回避

メンズ

中小企業の労務負担軽減

レディ

最近の傾向

中小企業は少ない従業員で最大限の利益を上げなければならない為、営業や製造など利益と直接結びつく部門でできる限り人員を配置しなければなりません。しかし、いくら中小企業とはいえ、労務管理をはじめとした管理業務にも人員が必要となります。労務管理の中でも特に負担となっているのは、勤怠管理です。中小企業の勤怠管理といえばタイムレコーダーを用いて従業員に打刻をしてもらい、給与計算期間の締め日になってから全員分の集計を行う、というやり方が一般的でした。また、年次有給休暇の申請や時間外勤務の申請も紙ベースで行われ、処理に時間がかかっているという面もみられます。そのような現状を打破する為、最近は中小企業でもクラウド型の勤怠管理システムを導入するケースが増えてきました。

特長と注意点

クラウド型の勤怠管理システムはインターネット上にシステムが置かれているため、自社で勤怠管理ソフトを購入するケースと比較してコストが大幅に抑えられます。また、セキュリティ面でも守られている為、自社にSEがいなくても安心して使用することができます。毎日の打刻および休暇、残業の申請は従業員が各自スマートフォンなどを用いて行い、それらのデータはクラウドシステムによって自動集計されるため、時間のかかる勤怠集計から解放され、勤怠管理について大幅な負担軽減を図ることができます。クラウド型システム導入にあたって注意しなければならないのは、クラウド管理システムに入ることのできる者、即ち管理者を制限しておくということです。誰でも入ることができてしまってはデータ改ざんのおそれもあるからです。中小企業では労務担当者とその上司にのみクラウドシステムの管理者権限が付与されていることが一般的です。